イエスのカリタス修道女会

第一回 イエスのカリタス霊性セミナー in Rome

2018年10月7日

第一回 イエスのカリタス霊性セミナー in Rome

2018年9月17日から30日まで、第一回イエスのカリタス霊性セミナーが、ローマのモンテクッコにある祈りの家で行われ、各管区・準管区から集まったシスターたちが、本会のカリスマと精神の理解を深めるために集まった。 総長による本修道会の会憲の勉強に始まり、イエズス会の菅原神父様による「教会法に基づく会のカリスマ、三誓願、養成」についての勉強、メルセス会のシスター弘田による異文化の交わりについてのワークショップが行われ、最後の3日間は、創立者アントニオ・カヴォリ神父と共同創立者ヴィンセンシオ・チマッティ神父のゆかりの地巡礼が行われた。 毎年1月にイタリアで行われるサレジオ家族霊性セミナーに着想を得て、今年初めて企画されたが、総本部のメンバーをはじめ、それぞれの管区において指導的な立場にある会員、ローマで留学しているシスターたちを含め31名が、同じカリスマと使命に生きる姉妹同士の親しい交わりのうちに、共に祈り、共に学び、共に話し合う家族的なセミナーとなった。 最終日10月1日は、総長シスターテレジア古木の霊名日をミサで記念し、朝食とそれに続くアカデミアで祝った。姉妹たちが準備してきた歌や祝辞、ダンスで、日々重責を担う総長に感謝とねぎらいの気持ちを表した。総長は、2週間にわたるセミナーに熱心に参加した参加者一人一人に、自作の「セミナー終了認定書」を手渡し、このサプライズに会場は大きな喜びに包まれた。